昔持ってたけど売ってしまい、また読みたくて買い直した本シリーズ第一弾。

  • こんな本
私好みのシブい装丁。ふくろうはオライリー的な何かですかね?よくわかりません。
IMG_20190219_222510

  • どんな内容?
その設計思想と哲学とあるように、コマンドを列挙するような所謂ノウハウ本ではありません。早めの試作、移植性、梯子の効果、対話式プログラムの危険性、1つのことをうまくやる等々、UNIXの優れた考え方をいくつかの側面から説明しています。業務で作るプログラムはついつい肥大化させがち。たまに読み返そうと思います。
スポンサードリンク