• ひとりごと
何だかんだ言って小型の組み込みボードを始めるならラズベリーパイが良いと思います。情報もたくさんあるし、デフォルトでgcc、python、Scratchとか使える(PCでクロスコンパイルとかしなくてよい)ので便利です。
  • Rasbianを入手
Rasbianのサイトを見ると、3種類のダウンロードイメージがあるみたい。とりあえず色々試してみたいのでフルパッケージ(Raspbian Stretch with desktop and recommended software)を選択。
無題

いつもはLinuxのddで書いてますが、今回Windows10から書くのでZIP版を選んでみました。
無題

ZIPを解凍すると2018-11-13-raspbian-stretch-full.imgが展開されます。WinDDでSDカードにイメージを書き込みました。
  • 起動できた
HDMIモニタ、マウス、キーボードを繋ぎ、SDを差し込みRaspberry Pi3のMicroUSB端子にタブレット充電用のUSBケーブル(5V/2A供給)を接続するとLED点灯。少しするとモニタに起動メッセージが出てきます。なんか最初に電圧が足りない(Under-voltage detected!)みたいなエラーが出ましたがなんとか起動。(いろいろなブログ記事を見ていたら、Raspberry Pi3は5V/2.5A推奨とか…500mA足りてないですね)

いい感じにデスクトップが起動しました。なんか初期設定画面が出てた気がしますが、間違えて閉じてしまいました。
Screenshot from 2019-03-31 23-38-45

  • 初期設定
①無線LAN接続
ウチはモバイルルータなのでEthernetが挿さりません。従って無線LANでインターネットにつなぎます。タスクバー右上あたりの電波マークから家のルータのSSIDを指定。Passphraseを入力すると無線LAN接続できました。

②raspi-config
コンフィグ変更。
$ sudo raspi-config
スクリーンキャプチャがいまいちうまくいかなかったので、文字で書きます。

まずパスワードの変更をしました(デフォルトのpi/raspberryはあまりに有名なので)。

1 Change User Password了解新しいUNIXパスワードを入力してください新しいUNIXパスワードを再入力してください了解

次にSSHの有効化をしました。

5 Interfacing OptionsP2 SSH→はい→了解→Finish

SSHを有効にしたらなんか無線LANがDisassociate(切断)されたので再度繋ぎました。
  • SSH接続できない
Windows10からTeraTerm(SSH)でログイン試行。SSHの接続画面が出てユーザ名、パスワードを入力しますがウントもスンとも。TeraTermを閉じようとするとこんなエラーが。

a

うーん…困った。いろいろブログを見て、試行錯誤しましたが状況改善せず。やったことをまとめてみます。

①/boot/sshファイルを作った
$ sudo touch /boot/ssh
$ sudo reboot
状況変わらず。sshファイルは消しておく。

②ラズパイからWindowsへのPINGが通らないのでWindowsのファイアウォールを無効化してみた。
Windows → ラズパイ:OK
ラズパイ → Windows:NG
状況変わらず。ファイヤウォールは戻しておく。

③Puttyで接続
状況変わらず。なんかそもそも繋がる感じがしない。
  • 設定を見直し
初心に帰り、ソフトを最新にしてみることに。

①ソフトウェアのUPDATE・UPGRADE
例によってオマジナイ実行。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
なんかIPv6のアドレスでダウンロード試行がタイムアウトになり、先に進みません。

②IPv6を無効化
問題をシンプルにするためにIPv6を無効化しました。
$ sudo vi /etc/sysctl.conf
最後に以下2行を追加。
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1
③再度ソフトウェアのUPDATE・UPGRADE
再びオマジナイ実行。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade --fix-missing
UPDATEはうまくいったのですがUPGRADEが途中で失敗するので--fix-missingを追加指定しました。なんか最後エラー:タイムアウトしましたとか出ましたが、もう1回UPGRADEを実行したらアップグレード:0個、新規インストール:0個、削除:0個、保留:13個。となったので良しとしました(細かいことは気にしない)。
  • SSH接続できた
ソフトウェアのUPDATE・UPGRADE後、TeraTermからSSH接続したところアッサリ接続OK。なんだか釈然としませんが、結果オーライですね。
  • その他
ココとかココを参考に、ローカライズ設定を見直しました。

①ロケール
言語:ja(Japanese)
国:JP(Japan)
文字セット:UTF-8
②タイムゾーン
地域:Asia
位置:Tokyo

③キーボード
Model:Happy Hacking Keyboard
Layout:English(US)
Variant:English(US)
※事情がありUSキーボードをつないでます。JPキーボードを入手できたら見直します。

④無線LANの国
国:JP Japan
次はカメラを繋いでみようと思います。



スポンサードリンク