• 写真撮影
箱。シンプルで好みです。
IMG_20190417_200631
よく分からないカードが入ってました。キン肉マンで古墳が実は地球の鍵だったってネタがありましたが、本件とは関係ないですね。
IMG_20190417_203301
袋つき。Amazonの評価で「袋が破けて金属が出てきて手を切った」みたいなことが書いてましたが、今のところ大丈夫そう。
IMG_20190417_202921
裏面。CEマークとかRoHSとかついてます。
IMG_20190417_203217
表・横面。入力2つ、出力2つ。
IMG_20190417_203141

  • Amazonの紹介文
Amazonの紹介文で気になるキーワードを水色でピックアップ。私のコメントを緑色で記載します。

AiPowerについて
スマートチップを内蔵しており、接続された端末の入力電流を自動検知できますので、最適の出力により急速充電できます。(ちょっと前に書いた【USB急速充電】どちらもDC5V/1.0Aなのに、Android専用、iPhone専用があるのは何故?のネタですね。いつかネゴシエーションのプロトコルを調べてまみたい。AiPowerで調べてみればいいのかな?

Lightning/Micro 2入力ポート
入力ポートは一般的なMicro-USBポートのみではなく、Lightningポートも装備しているから、手元のMicro/Lightningケーブルが全て本体へ充電可能となり、生活はもっと簡単になります。iPhoneユーザーにとっては、Lightningケーブル1本で十分!(うちはAndroidユーザーしかいないのであまりメリットは無し

20000mAhの大容量
本製品は20000mAhの大容量なのに、僅かiPhone 8 plusぐらいの大きさ、良いコストパフォーマンスで持ち運びに便利です。(理論値に対してどのくらいの実力があるか気になりますね

多種のスマホに複数充電可能で、海外旅行、短期出張や外泊する予定など、これ一本だけで十分賄え、電量切れから解放されます。外出する時に重宝になると思います。(同時に2台充電できるのは魅力

そして、2つの出力ポートにより家族や友人が集まった時でも、充電に困りません。

分かりやすい残量表示付き
残量が目安で確認できることは魅力的です。4段階LED電源インジケーターでバッテリーの残量を表示されます。電源ボタンを押すと、電池残量が一目で明瞭します。(これも便利。充電タイミングがわかりますね。

商品仕様
Lightning 入力:DC 5V 2A
Micro-USB入力:DC 5V 2A
出力:DC 5V 3.4A 最大 (各2.4A )
寸法:149.5x82.5x21mm
重量:387.2g

タブレットの2.4Aとスマホの1.0A同時に充電できるよ、ってことですね。

ご注意
①Apple端末に充電の際は、Apple端末自体の付属ケーブルをご使用してください。(iPhone/iPad/iPod)
②確実に安全で快適にご利用いただくために、お使いの機器の純正ケーブル、第三者機関に認証されたケーブル(例:MFI認証)、あるいは本製品付属のケーブルをお使いになることを推奨します。

  • まとめ
とりあえず追々実力を見ていきます。

続く

スポンサードリンク