定年後なんてまだまだまだ先、なんて思ってるとあっという間に時間は過ぎて行きます。ラフなプランニングは早い方が良いと考え、自身を題材にしてエンジニアのキャリア構築について考えてみました。


  • 現状の棚卸し
まず現状を棚卸ししてみました。
会社における担当業務
ソフトウェア開発プロジェクトのPM
得意なこと
新規性が高い業務の道筋をラフにつくること
不得意なこと
細かく計画すること、定型業務、暗記
保有スキル
ソフトウェア開発関連技術
・組込Linux、uITRON、Windows
・TCP/IP、IEEE802.11、Ethernet、SDIO、H.264
・C、C++、Java
・SVN、Mantis、Redmine
・マルチタスク/スレッド設計
・データベース設計
・ドキュメンテーション
野菜栽培
これから伸ばしたいスキル
ソフトウェア開発関連技術
・USB、PCIe
・JavaScript、Python、Ruby、VBA、HTML、CSS
・HTTP、nginx、VPN
・Git
・クラウドコンピューティング
・機械学習、DeepLearning
ハードウェア開発関連技術
・FPGA、CPLD
・アナログ電子回路
英語
DIY/工作
料理
  • 定年後、何で稼ぎたいか?
できる、できないは置いておき。まずはピックアップ。
フリーランス開発
プログラミング講師
電子書籍の販売
ブログアフィリエイト
資産運用
ポスティング(体力作り)
定収を得るためのパート勤務
  • 40~50代で何を準備するか
40~50代でなにを準備するか。全部はできないから優先度をつけて取捨選択。
各種技術のスキルアップ
英語に触れる、TOEICうける
フリーランスで小口の業務委託を受けてみる
講師の働き口について調べる、可能ならやってみる
電子書籍を1冊出版してみる
ブログを書き続ける
ファイナンシャルプランナーの資格をとる
  • ひとりごと
定年後の働き方について、少しだけ真剣に考えてみました。今の立ち位置と、足りないところが少しだけ見えた気がします。

やはり自分が今までやってきたことをベースにするのが安全でしょう。でも陳腐化を防ぐため新しいキーワード(例えば機械学習とか)は吸収すべき。1つに絞るのではなく複数の収入源を平行に進める(どれかがポシャってもゼロにはならない)。

この活動を続けていけば、きっと未来は明るいハズ。

続く
IMG_20190422_065626










スポンサードリンク