Google Adsenseで「要注意 - ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください」というエラーが出たので焦って対応しましたが、ライブドアブログではads.txtがサポートされてないので削除しましょう。
  • こんなメッセージが出たのでads.txtをアップロードしましたが間違いだった
【アプリ】
Screenshot_20190705_163953

【PC】
1

こんなの出たら、まぁ焦りますよね。

要はこういう感じにads.txtをアップロードするのです。
1

ads.txtとはUTF-8形式でこんなことを書きます。f08c47fec0942fa0はGoogle販売者アカウントのTAG IDなのでこのままで良いです。サイト運営者IDと呼ばれるpub-xxxxxxxxxxxxxxxxのxxxx部分を自分のアカウントの情報に書き換えればOK。
google.com, pub-xxxxxxxxxxxxxxxx, DIRECT, f08c47fec0942fa0
サイト運営者IDは、Google Adsenseのメニューから「設定」→「アカウント情報」を開くと見れます。
1


2

ところが。
AdSense にads.txt が含まれていないサイトがあると警告された場合の対処法を読むと、こんなことが書いてあります。要はライブドアブログではads.txtの設置をサポートしていないし、ads.txtの設置は必須ではないから、何もしなくて良いとのこと。
ブログサービスを利用しているサイトの場合  はてな、Seesaa、ライブドアなどのブログサービスでは、現状、ads.txtの設置はサポートされていません。(独自ドメインの場合は、特殊な方法を使用すれば、設置できる場合もあります。初心者にはお勧めいたしません。)ブログサービスが、ユーザー側でルートドメインにads.txtの設置を行う機能を提供していない限り、ads.txtの設置は基本的にできません。  ads.txt の設置は必須ではありません。ブログサービスを利用するサイトでは、基本的に「なにもしない。」が対処法となります。(So-netなど、ルートドメインにads.txtを設置しているブログサービスでは対処が必要です。)

ライブドアの公式サイトを調べたところ、確かに ライブドアブログのヘルプ(PC向け)→ads.txtは対応していませんにもads.txtはサポートしてないから削除してくださいと書いてありました。もし私のようにads.txtをアップロードしちゃった方が居たら、早めに削除することをお勧めします。

続く
IMG_20190705_082245

スポンサードリンク