今回は残課題の⑧を調査します。

【関連記事】


【キーワード】
make-kpkg
  • 2019/8/26
⑧make-kpkgを使いたい

【PC-Linuxビルド】(2019/07/09:ビルド後編)でmake-kpkgは結局使わなかった。今回はmake-kpkgでビルドしてみる。
  • make-kpkgって何だっけ?
make-kpkgが何だったのかスッカリ忘れてしまいました。Ubuntu で kernel をソースコードからビルドする (make-kpkg 編) を読みようやく思い出しました。そうだカーネルイメージをdebパッケージ化する方法だ。

こんな感じでビルドするみたい。
$ sudo make-kpkg --initrd kernel_image kernel_headers
ビルド完了。カーネルイメージとカーネルヘッダが出来ました
$ ls ../*.deb
linux-headers-3.14.79_3.14.79-10.00.Custom_amd64.deb
inux-image-3.14.79_3.14.79-10.00.Custom_amd64.deb

  • make deb-pkgとの比較
【PC-Linuxビルド】(2019/07/09:ビルド後編)で使ったmake deb-pkgで生成される①~⑤のうち、make-kpkgでは①②(水色のやつ)が生成されました。

①カーネルイメージと関連モジュールを含む linux-image-version、
②外部モジュールのビルドに必要なヘッダファイルを含む linux-headers-version、

③一部のドライバから要求されるファームウェアファイルを含む linux-firmware-image-version (Debian の配布しているカーネルソースからカーネルをビルドする場合、このパッケージは生成されないかもしれません)、
④カーネルイメージとモジュールのデバッグシンボルを含む linux-image-version-dbg、
⑤GNU glibc などのユーザ空間ライブラリに関連するヘッダを含む linux-libc-dev
make deb-pkgを覚えてしまったのでmake-kpkgを使うことは無さそうですが、1度試せたので満足です。

続く
IMG_20190830_180837

詳解 Linuxカーネル 第3版
Daniel P. Bovet
オライリー・ジャパン
2007-02-26


組み込みLinuxシステム構築 第2版
Karim Yaghmour
オライリージャパン
2009-10-26


Linuxデバイスドライバ 第3版
Jonathan Corbet
オライリージャパン
2005-10-22



スポンサードリンク