サーマル(熱転写)プリンター。買い物メモの印刷に使えたらいいな、と思いメルカリで4000~5000円で購入(当時の相場は7000~8000円)。

印刷てきて満足してましたが、そろそろハッキングしてみます。前編と書いた本記事では、アプリインストールから印刷までの一連の流れをご紹介します。

【関連記事】
【サーマルプリンター】昔買ったけど放置ぎみ。そろそろ弄り倒したい(前編)
【サーマルプリンター】昔買ったけど放置ぎみ。そろそろ弄り倒したい(後編)

【キーワード】
RawBT。感熱紙(57mm用紙)。
  • 外観
こんな感じ。
IMG_20190719_080436

ZKP5808。58mm用紙(但し後述の通り58mmは入らない。57mm。)。5V/1.5A。
IMG_20190719_084804

ACアダプター。ジャックは汎用品と思うが、やや細めのやつ。
IMG_20190719_080452

  • とりあえず印刷するには

実は最初に日本語を印刷できるようになるまで若干トラブりました。現在は一応印刷できますがAndroidのメモ帳アプリからの印刷しかうまくいきません。テキストブラウザから印刷すると文字化けします(UTF-8、SJIS、JIS、EUC、Unicode、など考えられる文字コードは全て試したが全て化ける)。完全解決とは言えないため、いつかもう一度頑張ります。


①Androidアプリをインストール

Google PlayからRawBT ESC/POS thermal printer driver(BT,WIFI,USB)をインストール。アプリとBT印刷ミドルウェアが同梱されてる感じ。

Screenshot_20190719_084524


アプリのアイコン。

Screenshot_20190719_082710


②アプリのセッティング確認


アプリの左上にあるメニューからSettingsを開くとこんな感じ。これらのパラメタをもっとよく理解したい(Typical initialization for selected language、OEM850 Multilingual #2、Print.TXT also as.PRN、Font B(ESC;M;01)あたり)。


Screenshot_20190719_142644


Screenshot_20190719_082600


Screenshot_20190719_082526


③Androidの設定画面


まず設定画面から「デバイス接続」→「Bluetooth」を選ぶ(Androidのバージョンによって異なると思う)。

Screenshot_20190719_082904


どうやってやったか忘れた(改めてやってみて追記予定だ)が、過去にプリンタとスマホをペアリングしたので、BlueTooth Printerというデバイスが表示されてる。ここで1つ前に戻る。
Screenshot_20190719_082817


設定画面から「デバイス接続」→「印刷」→「RawBT」を選ぶと、こういう表示になる(これを撮影したときペアリングが切れてたのでこういう表示になってる、繋がってるとプリンタの詳細が見えるハズ)。
Screenshot_20190719_082747


④印刷してみる
Androidの標準アプリ「メモ帳」に適当に日本語(漢字あり)で文字を書き、右下の印刷アイコンをタップする。メモの内容は、ふるさと納税から外された町たち。
Screenshot_20190719_082945

RAWBT Printerが出てきて、プレビュー画面が表示される。青い印刷アイコンをタップすると印刷開始。
Screenshot_20190719_082923

カシャカシャカシャと言い感じの音を立てて印刷されます。メモ帳の内容に加え下に ** for personally use only ** buy a license to remove textと書いてある。ライセンス費を払えば無駄な文字が出なくなるよ、ということですね。確かに印刷の無駄だ。
IMG_20190719_082129

  • ひとりごと

ZKP5805でWEB検索したら、中華製モバイルサーマルプリンタ(コードレス印刷可)について調べてみたが出てきた。以下のピンク字にある通り、58mmのコクヨの用紙は入らない様子。実際にオマケでついてきた用紙の幅をみたら58mm未満。そして57mmの感熱紙ってAmazonの品ぞろえが悪くロールがやたら太いやつしか見当たらない。ロールが太いとこのプリンタには収まらないので、どうしたものか...。さらに緑字にある通り、技適マークがとれてない。すなわちBluetoothで電波を飛ばすと電波法違反(要は違法)...。なかなかの感じです。

ZKP5808
こちらは豊富な電子機器、情報機器を手掛けるメーカーの商品。HPから受ける印象はナンバーワン。国際化対応されたHP、扱っている製品の種類と内容、高い技術を持ったメーカーなのではないか、と期待してしまう。しかも、Amazon.co.jpの商品ページではAndroidにおけるLoyversePOSでの使用方法や、日本語の説明書がDL可能なことなど記載されており、非常にやる気を感じて期待していた。しかし、商品レビューに「コクヨの58mmロール紙はNG」と書いてあり、国内で気軽に購入可能なロール紙が使えるかどうか怪しい。これが一番のネック。残念!
※うっかりしていましたが、どれも技適マークがない模様(要確認)。
※58mmを謳っていますが、カタログスペックはどれも57mm±0.5mmとなっているので、日本のデファクトスタンダードである58mmのロール紙が使えないと考えたほうが無難。
※つまり、ゴミ記事。。。orz
続く
IMG_20190717_200551

スポンサードリンク