動画撮影上達というキーワードでいろいろ調べてみた。

【関連記事】
pavement1234.com(YouTubeチャンネル)
【YouTubeで収益を得るには】①(まず何をすればよいか)
【YouTubeで収益を得るには】⑤(YPPに参加しないと収益が得られない)
【YouTubeで収益を得るには】⑦(動画撮影上達に向けて)
【YouTubeで収益を得るには】⑨(スマホ用クリップ型レンズを買った)
  • 動画撮影上達に向けて
まず【初級】動画の撮影がうまくなる方法 たった2つのルール・コツを読んだ。ルールは以下の4つ。大変参考になる。まずはこのルールを意識して練習してみようと思う。
①カメラは撮影中に動かさない(歩きながら撮影、パン、ズームは絶対しない)
②1カット10秒撮影する。
③「ひき」と「より」のカットを撮影する。
④色々な位置、角度、高さから撮影する。

次に【動画撮影上達のコツ】カメラジンバルを使った10の撮影テクニックを読んだ。ジンバルとはドローンにも採用されているスタビライザー(安定化装置)のこと。機械的に手ブレを抑えられるので歩きながら撮影してもグラグラしないのでいい感じみたい。

歩きながら動画を撮影することがあるが、あとで観ると画面が揺れてて酔いそうになる。ジンバルを使うことで歩きながら安定した動画が撮影可能になるわけだ。

自分がセンスがいい!お洒落だ!と思う映画やドラマのオープニングムービーのカット割りと秒数を書き出してみましょう!
とのこと。これを読んでからテレビのCMをじっくり観てみたところ、ほとんどのカットが1~3秒以内で切り替わるので、観てて飽きない(裏を返すと3秒を超えると人はその画面に飽きてしまうだろう)。

最後に動画ネタの探し方!毎日撮れる素材でYouTubeに投稿して稼ぐテクニックを読んだ。とにかく動画を沢山撮影することが上達の近道みたい。
家族(子供とか)
動物(ペットとか)
タイトルを変える(日付とかにしない)
サムネイルを変える(同じ画像を使わない)
毎日撮って毎日投稿する(上手になるまで待たない)
風景、植物、etc…など撮影して問題ないものを選ぶ。
  • というわけでジンバルを買った。
というわけで、ドローンで有名なDJI社のOsmo Mobile 3を購入。詳細は次回…。
IMG_20191128_021731
PB280317

続く


IMG_20191127_083145_1

スポンサードリンク