ジンバル練習中(朝練と呼んでいます)。雑誌にスマホ用望遠レンズがついてきました。

【関連記事】
pavement1234.com(YouTubeチャンネル)
【YouTubeで収益を得るには】①(まず何をすればよいか)
【YouTubeで収益を得るには】⑤(YPPに参加しないと収益が得られない)
【YouTubeで収益を得るには】⑦(動画撮影上達に向けて)
【YouTubeで収益を得るには】⑨(スマホ用クリップ型レンズを買った)

  • ジンバル練習中
ジンバル(Osmo Mobile 3)を購入しましたが、なかなか操作に慣れないため練習中です。朝、会社に行く前に10分ぐらい弄っています。

ジンバルの利点って移動しながら水平を保てるところだと思うのですが、私が撮影すると少しずつカメラが斜めを向いてしまうので、たまにグイっと方向を補正する必要あり。どうやったら真っすぐ維持できるのか。

ジンバル初心者が早く知っておきたかった事まとめ(アクションカメラとの違い、選定基準など)を読んでみると、バランス調整とキャリブレーションが命と書いてある。たしかにジンバルとスマホ連動中に、バランスが変なので補正せよみたいな警告メッセージが何回か出てた気がする。

また、この記事によるとDJI社の安値ジンバル共通の傾向として、左右にターンするのを繰り返すとロール軸がおかしくなる感じがあるらしいが、DJI社の公式見解としてバランス調整、キャリブレーションが不十分なときに起こる現象と言われている様子。

Osmi Mobile 3のバランス調整、キャリブレーションについてはOsmo Mobile 3 バランス調整(YouTube動画)を観て、練習しようと思います。

あと歩いてるときの上下のブレを防ぐには、通称ジンバル歩きジンバル走りと呼ばれるソロリ、ソロリと移動するテクニックが必要になるらしい。何事も修行が大事ですね。

あと、電源ボタン、シャッターボタン、トリガーボタンは1/2/3回押し、長押しで機能の切り替えができたりするので、コスパとバランスの良いジンバル、Osmo Mobile 3の基本操作とDJI MIMO Appを紹介!を見て覚えようと思います。

というわけで、とりあえず散歩しながら撮影したハイパーラプス動画です。単なる街並みを観ても飽きると思ったので、サイバーな感じのフィルタを掛けて、オシャレっぽい音楽を合わせてみました。
 
  • スマホ用望遠レンズ
GetNavi(ゲットナビ)の2020年01月号を買ったら、スマホ用望遠レンズがついてきました。オマケなのでクオリティは求めてませんでしたが、オモチャとしては大変面白く感じました。スマホ用の望遠レンズってこんな感じなんですね。

IMG_20191129_121528
IMG_20191129_121507

続く

IMG_20191129_160439

スポンサードリンク