私は無類のTシャツ好きだ。しかもサブカルチャーな感じの変わったデザインを好む。めんどくさい感じの人間だ。

【関連記事】
  • 昔からTシャツを作るのに興味があった
20代前半に組んでいたバンドのドラム氏がグラフィックデザイナーだったのだが、当時高級だったMACを駆使して、デジカメで撮影した電気メーターを2値化してTシャツ(アイロンプリント)を作ってるのを見て、カッチョイイなぁ…と思ってた。

就職してパソコンを買った後、すぐにTシャツを作ったのは言うまでもないが、アイロンプリントは洗濯すると剥がれてしまう。自作Tシャツを量産しては剥がれていくのを見て、いつしかTシャツ作りをやめてしまった。

40代になり「またTシャツ作りたいなぁ…」と思っていたところTMIXというサイトを発見。3000~4000円ぐらいでオリジナルTシャツが作れることが分かった。1作目はデッドデッドデーモンズデデデデデストラクションという漫画のスペースインベーダー的な挿絵。2作目は鉄コン筋クリートという漫画の挿絵。原稿が長方形になるのが嫌で背景透過というアプリを使ってキャラクターだけが印刷されるようにしてみたりした。

TMIXでTシャツを作ってみて思ったのは自分のオリジナルTシャツを作って販売してみたいということだった。
  • オリジナルグッズを売るには?
受注生産でオリジナルグッズを作れる業者3社を比較!Canvath、Suzuri、pixiv factoryあなたにおすすめは!?を読んだ。Tシャツを作るには以下の3つの業者がお勧めらしい。
Canvath
Suzuri
pixiv factory
いろいろ読んだところCanvathのクオリティが高く利益率もそこそこ良い。BASEというネットショップ(ブログやメルマガも書ける)で販売することができる。Canvathで作ったグッズはBASEだけでなくAmazonやminneで販売することも可能らしい。

CanvathではTシャツだけでなく以下のような商品が作れるらしい。売れそうなオリジナルの画像が作れれば、いろいろ展開できる気がする。
Tシャツ
スマホケース
マグカップ
ハンカチ(ハンドタオル)
トートバック
パスケース
スマホリング、モバイルバッテリー等
  • BASEに登録してみた。
あまり考えずBASEに登録してみた。

ショップのURL(+ドメインみたいの)、メールアドレス、パスワードを入れて、利用規約に同意をONにして「新しいショップを開く」をクリック。
1

おめでとうございます!とか言われる。上記の「誓約書」に同意するをONにして「誓約書に同意する」をクリック。

2

さっき指定したメールアドレスに記載されたURLをクリックすると、いろいろ情報を入力できるようになるが、口座とか決済方法とか、リアルな店舗情報を入力しなければいけない感じ。未入力が沢山残ってるが一旦保存して終了した。週末にまじめに入力しよう。
3

5

7

8

9

10



さて。
BASE U(ネットショップの開設・運営・販促のノウハウを学ぼうに色々説明が書いてあるので、じっくり読みつつ、オリジナルコンテンツを作ってみようと思う。

続く

スポンサードリンク