小学2年生のときにファミコンを買ってもらって以来、8ビットゲームが好きだ。最近レトロゲームと呼ばれ復刻版が安く売られているのはうれしい限り。

【関連記事】

  • 基板型
バンダイナムコの公式グッズの様子。CakeResと呼ばれる本製品を使った作品(ゲーム)は©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.という権利表記することで個人Blog、YouTube、ニコニコ動画などのWebメディアで公開して良いらしい。ちょっと面白い。
IMG_20191206_140434
IMG_20191206_140940

取説。
IMG_20191206_140809

サンプルプログラムが書いてある。なんとびっくり。ゲームを自分で作れる系のオモチャか。
IMG_20191206_140824

どうもこれはなんかの基板と組み合わせて使う部品みたいだ。
IMG_20191206_140839

BGM、SE、IMAGE、SPRITEと、リソースIDがリストになってる。これを使ってゲームを作れるみたいだ。なんか中学ぐらいのころ遊んでたMSXパソコンを思い出す。MSXは私のプログラミングの原体験だ。当時、BASICでひたすらゲームを打ち込み、3.5インチフロッピーに収集していたのを思い出す。そんな遊びが今時できるのか?
IMG_20191206_140903
IMG_20191206_140921

どうも、IchigoCakeという基板が売っててCakeRes x レトロゲームズをI2Cで接続してつかうみたい。
言語はJavaScriptとBASIC。IchigoCakePCNAssemblage、秋月電子(予定)で扱ってる様子。というわけでPCNIchigoCake JavaScript版を購入してみたので次回試してみる(本記事は当初連載化するつもりはなかったのだが、面白そうなので続きモノにしてみた)。
111111111
  • 携帯型
こんな箱。ギャラガ、ギャラクシアン、ゼビウスの3本建て。これもバンダイナムコの公式グッズの様子。
IMG_20191206_140449

本体とマニュアル。
IMG_20191206_140536

単4電池が4本必要。
IMG_20191206_140524

画面保護のシールが貼ってあるので剥がす。
IMG_20191206_140557

電源入れるとこんなタイトルが出てくる。
IMG_20191206_140637
IMG_20191206_140622

ゲームを選びAボタンを押す。
IMG_20191206_140657

タイトルが出てくる。スタートボタンを押すとゲームが開始される(ゲーム実行画面は著作権的にヤバそうなので載せない)。
IMG_20191206_140726

いろいろシリーズ化されている。
IMG_20191206_140358
IMG_20191206_140342

続く


スポンサードリンク