楽して儲ける方法はないな

日記

今やブログといえばWord Press一択という状況だが、昔はライブドア、エキサイト、ヤフーみたいなポータルサイトが運営するブログが主流だった。かくいう私も2003年頃から日記ブログを書き始め、解像度の低いガラケーで写真を撮りその日の出来事を取り留めなく書いていた。たまにコメントをくれる人が居たりして気ままにブログを書く楽しみを覚え、気づいたら延べ10年ぐらい雑文を垂れ流している。

そんな折、ネットでお金儲けが出来ることを知り、かなり稼いでいるという噂のmanablogとかTsuzuki Blogを参考にアフィリエイトを始めてみた。

ブログのアフィリエイト成果は本日時点でゼロ。GoogleアドセンスとAmazonアソシエイトは月に500~1000円程度。このままでは副業として割に合わないが、文章を書く練習だと思って地道に続けている。

YouTubeはどうか。ジンバルで散歩風景を撮影したりファミコン動画を作ってみたりしたが、アクセス数が延びない。YPP合格(4000時間以上/年、チャネル登録者1000人以上)にはほど遠い状況。

2020年の年初、noteで情報商材を売りさばいた中学生がニュースになった。そんなに儲かるのならと自分もnoteを開設してみたものの、駄文にお金を設定することが出来ず取り止め。

Twitterもやってみた。インフルエンサーと呼ばれる胡散臭い人たちが一般人を食い物にするヤバい世界を垣間見た。とはいえTwitterからブログに誘導するのは効率がよさそうと感じ積極的にインフルエンサーに絡んでみたのだが私のような弱小アカウントにはノーレスポンス。無視され続け空しくなってやめた。そんな折、反インフルエンサーの自由なツイッター民を発見。そこに居場所を見つけて今に至る。

Tシャツ作りは面白かったが1枚も売れていない。ランサーズに登録したが作業時間をうまく確保できず。いろいろ試したものの収益を得られる状況にない。やはり楽して稼ぐ方法はないことを痛感。

なんだかお金儲けのことばかり考えていたら疲れてしまったので、初心に戻り雑記ブログ(当ブログ)を始めてみた。収益性をほとんど考えていないためサクサク書けるし気晴らしにもなる。雑記ブログを気ままに書きつつアフィリエイトを気長に続けてみようと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました